FC2ブログ

ドラマアイドル出演者ブログ

ドラマの出演者やグラビアアイドルなどの情報や新番組の裏話などテレビ・映画エンターテイメントのあなたの知りたい裏側教えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

JEITA、私的録音録画問題について見解を発表

●安倍なつみ“息を重ねましょう”CD(2007/10/24)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071018-00000012-imp-sci
 社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は16日、文化審議会著作権分科会の私的録音録画小委員会がこれまでの議論をまとめた中間整理の公表を受け、見解を発表した。

 JEITAでは、私的録音録画補償金制度について、小委員会では補償の必要性に関する議論が尽くされていないと指摘。コンテンツにコピー制限が施されている場合や、自分で購入したCDを携帯音楽プレーヤーなどに取り込むなどの「プレイスシフト」、録画した番組を後で見るなどの「タイムシフト」といった行為には、JEITAとしては補償は不要と考えていると説明。現行の制度は15年前に作られた制度であり、デジタル技術が進展した今日においては抜本的な見直しが必要だとしている。

 また、制度の見直しにあたっては補償の必要性について十分な議論がなされるべきだが、小委員会ではこうした議論が尽くされていない状況で、「仮に補償の必要性があるとした場合」という議論を行なっている点についても異議を唱えている。こうした、補償金制度の維持や対象機器の拡大を前提としたような議論は問題であり、現行の補償金制度は消費者に理解・指示されている制度とは言いがたく、消費者の意識や使用実態を反映することなく結論を急ぐことには反対だとしている。

 その上で、技術的にコピー制限されているデジタルコンテンツの複製は、著作権者等に重大な損失を与えているとは言えず、補償の対象とする必要はないと主張。2011年以降の放送は著作権保護技術が用いられているデジタル放送になることから、デジタル録画機器を補償金制度の対象とすることに合理性はないとしている...

ニュースの続きを読む

新商品 オートターン機能搭載 【1円~】三菱32インチ液晶 LCD-32H8000X【期間限定


◆番組関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
◆番組関連の無料のレポート情報
携帯も使えネイ超アナログ親父でも毎月30万稼げる脅威に方法

携帯やパソコンの普及によりまったくの機械音痴という人はほとんど居なくなりましたよね。

パソコンは使えなくても番組の録画予約が出来ない人はもうほとんどいないと思います。

今回紹介するビジネスは番組の録画ができればいいんです!



”笑っていいとも!”のちょっと引いちゃう裏側

あの”あいのり”ハオロンがフジテレビ系列人気番組、笑っていいとも!に出演したときのちょっと引いてしまう裏話です♪…



◆番組関連の無料のレポート情報
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。